30代半ばになったら目的重視型へ

時間に余裕のある学生の頃から、頻繁に開催される合コンですが、実際本格的に楽しめるのは、定期的な収入を得る社会人になってからではないでしょうか。初めは、会社の付き合いや人数合わせで、参加される人もいるでしょう。
ほとんどの人は独身でフリーの男女が「恋人を探すための出会いの場」と認識しているでしょう。どんな人が来るのか考えて、お洒落をして、素敵な人を見つけてドキドキするのは楽しいですよね。また自分が幹事になって好きなお店を選べば、美味しいお酒やお食事も色々楽しめますので、それだけでもお得な気分になります。これは、20代から30代前半の男女にとっては、大きなエンターテイメントの一つと言えるでしょう。
30代半ばになると、個人的な紹介や、婚活パーティーと、出会いはより具体的な目的重視型へと移行されます。若い人は時間とお金がある限り、将来の投資として、合コンに参加されるのは、価値があることでしょう。年を重ねると、知らない人と出会う機会が少なくなってきます。合コンの目的は、何も恋人を見つける事のみではありません。この出会いで人脈ができ、ビジネスの広がりができたり、男女問わず共通の趣味を持つ友達に出会えたり、自分を売り込む練習の場にもなりますし、思わぬところに繋がりも出来ます。いわば人生の様々な出会いの場でもあるのです。
世間的に30代後半以降になると、仕事も忙しくなる上に、家庭も出来て、残念ながらなかなか合コンのお誘いを受けることもなくなってきます。しかし独身の男女はたくさんいます。この年代の人こそ、ぜひ幹事になって、人脈を広げてみてはいかがでしょうか。